データと人を構造化し
サービスの舵取りを

T.S.

プロモーションプランナー
2019年入社

T.S.
PROFILE
大学卒業後、新卒で大手広告代理店へ入社し、OOH媒体(屋外広告)のバイイング業務へ従事。
その後、一部上場IT企業にてデジタル広告運用とスマホゲーム運営を経験し、当社へ入社後は「menu」のプロモーション業務へ従事。

思い切り裁量を活かせる環境へ

広告代理店や事業会社での経験を経て
入社されていますよね?
新卒で広告代理店に入社し、OOH(屋外広告やルートメディア)の媒体買付のセクションでキャリアをスタートしました。広告媒体のプランニングやバイイングを経験し、その後モバイルサービスを開発している会社でスマートフォンゲームのインハウスでのデジタル広告運用やゲーム運営、新規事業の立ち上げを経験しています。
前職のモバイルサービス企業は堅実な広告運用、プロモーション施策をする会社だったこともあり、入社するとプロモーション予算規模を大きく設定し、長期の回収視点で効果測定している点が魅力的に映りました。今でもそうですが、事業判断の思い切りの良さがこのグループの特色でもありますよ。
入社後はどのように事業へ
関わってこられていますか?
入社直後は前職での経験を活かせる内容だったこともあり、前任者の業務を引き継ぐ形で「menu」のデジタル広告運用を担当していました。現在と比較すると予算規模も小さい中、SNS広告の最適化などに取り組んでいた時期です。
しばらくしてmenuのデリバリー機能リリースに伴うプロモーション全体の仕組みづくりに関わりました。ユーザー様の獲得に加えて、会社としては知見の薄かった飲食店様や配達員の皆様へのアプローチも必要となったことで、プロモーションの土台づくりに一から取り組む経験を積むきっかけになったと思います。工数が不足している中でほとんど一人であらゆる課題に向き合い、運用を担当していたので大変な時期を過ごしましたが、その分大きな裁量をもらっていたのでオペレーターとしてのスキルを飛躍的に伸ばすことに繋がりました。1年ほど運用を担当し、ある程度軌道に乗ってきたタイミングで後任に業務を引き継いだあと、現在のデータ分析領域に軸足を移しています。

広い視野と立ち回りを要求される難しさとやりがい

広現在の業務についても教えてください。
データ分析と言っても、広告運用のような一つ一つの戦術を最適化するための分析ではなく、プロモーション全体のボトルネックの特定やそのための仮説検証といった全体俯瞰での役割をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。例えば、ユーザー様へのプロモーションにつまづいたら「そもそもアプリストアの運用改善が必要だよね」とか、加盟店様へのアプローチに課題があればサービスを導入いただくまでの導線の再検証なども私の業務領域になります。ミッションとして特に難しいのが、営業やプロモーションのようにサービスに”これから触れていただくお客様”と近接するメンバーと、社内でアプリそのものを作る運営開発メンバーを繋ぎこむ役割です。自分のやったことがすぐに数字として現れるポジションではありませんが、事業に対して影響範囲が広く、最終的な事業インパクトが高いことが特徴的です。サービス企画としての視野を磨き続ける必要やプレッシャーもありますが、その分やりがいを感じます。

データと人を構造化しサービスの舵をとる人材へ

今後どのようなビジネスパーソンを目指していますでしょうか。
事業の本質を叶えるために、中立な視点で自立しているマーケターになりたいと思っています。前に触れたようなユーザー様へのアプローチとサービス全体の企画、構成、設計の橋渡しをするためのスキルはまだ足りていません。今関わっているmenuの成長へ貢献するなら、各部署、関係者のシナジーを最大限にするのが私の仕事ですので、舵取りをするためにプロモーション、分析、マーケティングと幅広い動き方ができるようになりたいと考えています。
矢印 ENTRY